社会福祉法人 南紀のぞみ会(和歌山県田辺市にある障がい者施設です)

メニュー

topics


のぞみ七夕会を行いました。

 先日、合同レクレーションが終わったと思ったら、もう次の行事「七夕会」の季節になっていました。近畿地方が、6月26日に梅雨入りし、「今日も雨やなあ…」「外出どこ行く~?」と、頭を悩ませる時期でもあります。

 のぞみ園では、7月6日(土)「七夕会」を予定、前日の5日(金)職員は準備に追われました。

 

 短冊に、思い思いの願い事を書いて吊るします。「健康で暮らせますように…」「美味しい物がいっぱい食べられますように…」「笑顔がたくさん見られますように…」

ajisai-001

 さて、七夕会当日、朝起きると、雨の音がしていました。「嗚呼、今年も雨かあ」そう思いながら出勤、でも女子棟入口で、紫陽花が出迎えてくれました。

ちょっとほっこり。

 「さあ、頑張るぞ!」

rain

 今日は、面談日と重なっていた為、人の出入りも多く、飾り付けやお店のセッティングもあり、普段と違った雰囲気に利用者の皆様も刺激を受けていたと思います。

 毎年恒例の「七夕カレー」を早めにいただき、17:30「七夕会」が開かれました。今年も『ハッピーズ』の皆さんによる生演奏からスタートしました。

 『ハッピーズ』は、職員とエール作業所の利用者(桑原さん)によって結成されている音楽バンドです。今回、約25分間の生演奏を2回していただきました。やはり生演奏は違いますね。

 色んな曲を演奏していただきましたが、その曲目の中で「幸せなら手をたたこう」がありました。この曲は、日本では1964年に坂本九さんが歌ってヒットした童謡としても親しまれています。

 今回は、この曲を「手話歌」として、「皆で歌おう!」って決めていたんです。活動の時も練習していました。ボーカルの職員(長渕さん)やのぞみ園利用者(田ノ上さん)の協力もあって楽しく歌えたと思います。

 お店も賑わいました。
今年は、新メニュー「フルーチェ」も登場しました。

 お店は全部で5店あります。
①唐揚げ、②かき氷、③ジュース、④そうめん、そして、⑤フルーチェです。

お店に行って、チケットと交換です。

 みんな手作り、園オリジナルのものばかり。厨房の皆さん、毎年本当にありがとうございます。

 今月2日の行事食「七夕そうめん」も季節を感じながら、いただきました。

 七夕会もそろそろ終盤になってきた頃、雨も上がっていましたので、外で「お菓子まき」をしました。

 ちょっぴり張り切りすぎて転倒してしまった人、女子と男子で分けていたのですが、自分の所が終了すると、別の所に走って拾おうとしていた人、大変盛り上がっていました。明日のおやつは楽しみですね。

 そして、星に願いをこめて、最後に花火を打ち上げました。

 

 ボランティアの皆様の御協力をいただき、
今年も無事に終えることができました。

 お疲れさまでした。(門)